【北九州】お取り寄せやお土産にぴったり!小倉のソウルフード「揚子江」の豚まん

揚子江豚まん

ちょっと小腹がすいたときや、寒い日に食べたくなる豚まん。

冷凍の豚まんは日持ちするうえ、電子レンジで温めるだけで美味しいのが嬉しいですよね。

数ある豚まんの中からご紹介するのが、北九州・小倉のソウルフード「揚子江(ようすこう)」の豚まんです。

お取り寄せやお土産におすすめですよ。

長年地元で愛される老舗店「揚子江」

創業以来約50年、地元で愛されている「揚子江」

店舗は本店小倉駅前店の2カ所ですが、福岡県内では一部のスーパーでも購入できます。

「揚子江」の豚まんは、とにかく肉汁が多いのが特徴。

食べる時は敷皮を上にして持ち、はがしてそのままの向きで食べます。

こうすることで、肉汁がこぼれにくく食べやすくなります。

初めて食べる方は、肉汁の量に驚きますよ。

もちもち生地に肉汁ジュワ~!

揚子江豚まん

もちもち生地の秘密は、氷を使って一晩発酵させる低温発酵

蒸すときも、低温で20分。

たっぷりの肉汁を受け止められるのは、もちもち生地のおかげですね。

大きめにカットされた玉ねぎもたっぷり入っています。

直径約10㎝と一般的な豚まんと比べて大きいので、食べ応えありますよ~!

子どもの手にぴったりサイズ「ミニ豚まん」

揚子江ミニ豚まん

「ミニ豚まん」は幼児が食べやすい大きさです。

小さいので冷めやすく、食べきれるサイズなのが嬉しいところ。

(子どもが残した、冷めて固くなった豚まんを食べることありますよね……)

小腹がすいたママのおやつにもおすすめです。

揚子江豚まん食べ方

豚まんには酢醤油をつけるのが、福岡県での一般的な食べ方。

クセになる美味しさなので、普段つけない方もぜひ試してみてくださいね。

自宅で楽しむ小倉のソウルフード

「揚子江」は餃子や焼売なども販売しています。

冷凍保存でき、簡単調理で美味しく食べられるのでファミリー向けギフトにぴったり。

忙しいママが喜ぶ贈り物になること間違いなし!

揚子江
公式サイトはこちら
オンラインショプ「北九ブランドモール」

おなかペコペコの子どもも大満足の豚まん

豚まんいただきます

大人と違い、全身を使っておもいきり遊ぶ子どもたち。

ご飯を待てずにおやつをたくさん食べてしまい、ご飯の時間にはおなかいっぱい……なんてことも。

「揚子江」の豚まんは、野菜もたっぷりで腹ペコの子どもたちのおやつにぴったり!

冷凍庫にストックしておきたい一品です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。